文字サイズ

ポール絶叫、日本公演京セラDで開幕

 観客を魅了するポール・マッカートニー=京セラドーム大阪(撮影・佐藤厚)
1枚拡大

 元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(72)の1年半ぶりの日本ツアー「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2015」が21日、大阪・京セラドームで開幕した。

 昨年、来日中の体調不良で全4公演を中止したポールは、開演時間から30分が経過してもステージに現れず、ファンをヤキモキさせるご愛敬も。“リベンジ”のステージで「カエッテキタヨー!!」と絶叫し、全37曲で満員の4万人を興奮に包んだ。

 開演の午後6時半からステージ横のスクリーンで30分間、音楽映像が流れるだけの状況が続き、会場に“まさか”の雰囲気が漂った。しびれを切らしたかのように“ポールコール”が起こると、ようやく笑顔のポールが現れた。4万人の万雷歓声に拳を突き上げて応え「マイド!カエッテキタヨ!!」と絶叫し、ギターを右手で高く掲げて会場をあおった。

 「レット イット ビー」「ヘイ ジュード」といったビートルズナンバーをはじめ、ギターを奏で、ピアノを弾きながら、力強い歌声で魅了した。

 20日朝に関西空港に到着後は、夜に京セラドームで約1時間のリハーサル。入念な準備を行って臨んだ本番は、早々にジャケットを脱ぎ捨て、巨大な日の丸の旗を振り回すなど全開。2時間半公演を完全燃焼し「モウ、ネルジカン」と笑顔でステージを去った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス