文字サイズ

昭和以降最高齢で真打ち昇進 柳家海舟

 真打ちに昇進した(前列左から)三遊亭司、柳家小傳次、桂右女助、柳家海舟、入船亭扇蔵、(後列左から)金原亭馬玉、金原亭馬治、柳家さん助、柳家燕弥、三遊亭彩大=東京・上野の精養軒
1枚拡大

 落語家の柳家海舟(57)が10日、都内で行われた落語協会の真打ち昇進襲名披露会見に出席した。57歳での真打ち昇進は昭和に入ってからの最高齢記録。協会会長の柳亭市馬(53)よりも年上という超異色の真打ちが誕生した。

 海舟は「年の話は避けて通れないですね」と苦笑。サラリーマンだったが1999年、42歳を人生の折り返し地点と考え柳家小里ん(67)に弟子入りした。師匠からは「どっちが先に死ぬか分からないので頑張ってほしい」と年齢をイジられていた。

 これまで麟太郎を名乗っていたが、21日に東京・鈴本演芸場で始まる「真打ち昇進襲名披露興行」から海舟として高座に上がる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス