文字サイズ

宇都宮氏、第一声「脱原発を東京から」

 徳洲会グループから5千万円を受け取った問題で猪瀬直樹前知事(67)が辞職したことに伴う東京都知事選が23日告示され、無所属で前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦、無所属で元厚生労働相の舛添要一氏(65)、無所属で元首相の細川護熙氏(76)ら新人16人が立候補を届け出た。

 前回の都知事選にも出馬した宇都宮氏はJR新宿駅東口で第一声。「2度目の挑戦。今度こそ勝利を収めて東京を変えていきたい」とあいさつし、支援者から大きな拍手がわき起こった。弁護士時代の経験と実績を強調し「みんなが暮らしやすい東京をつくる。実現するためにはみなさんの支持が必要」とこぶしを上げた。

 東京電力福島第1原発事故の避難者支援に触れ「脱原発を東京から訴える」と力説。「知事になっても庁舎にこもらず、都民の中に飛び込み声に耳を傾ける」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス