文字サイズ

りえ 燃える女優魂!アングラに染まる

 女優の宮沢りえ(40)が5日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで舞台「盲導犬」(6日~28日)の公開けいこを行った。心筋梗塞のため降板した天海祐希(45)の代役を務めた5月の舞台「おのれナポレオン」上演以降初めての公の場。代役については振り返らなかったが、作品の世界観を内面に取り込み「明日から全身アングラに染まります」とアングラ女優宣言。自らの女優道をまい進する気合をみなぎらせた。

 りえの女優魂が燃え盛っている。準備期間2日できっちり天海の代役を務め名声を上げた「おのれナポレオン」から2カ月。今度は世俗の底辺に“下がりきる”覚悟をみせた。

 同作は唐十郎氏(73)作、蜷川幸雄氏(77)演出で73年に初演された戯曲。古田新太(47)演じる、不服従の犬・ファキイルを探す盲人、宮沢の危険な野生を漂わせるヒロイン、小出恵介(29)演じる、盲人と絆を結ぶ少年という底辺を生きる3人のやりとりが70年代の社会情勢を色濃く映し出す作品で、アンダーグラウンド演劇の神髄と評される。

 宮沢は、60・70年代のアンダーグラウンド演劇にあこがれをもっていることを告白。「その世界に少しでも近づきたい。どっぷり漬かってしまいたい。明日から全身アングラに染まります」と心境を語った。この日公開された作品冒頭では、その言葉を体現するような怪演を披露。真っ赤なワンピースのすそをたくし上げパンツを下ろすしぐさや、自身の上に馬乗りになった盲人を誘惑する過激なシーンをいきいきと演じてみせた。

 宮沢の熱演には、古田も「日本最後のアングラ女優」と賛辞を送ったという。蜷川氏は「ドロドロしてるけど、美しい。セクシーだけど、純潔。面白く仕上がっているよ」と自信をみせた。

 見事な代役劇に続く作品と、宮沢への期待は高まるばかり。それでも宮沢は「古田さんのお褒めの言葉に恥じぬよう、狂気や愛、切なさを吐き出していきたいです」と、気負いのない表情で全身全霊の演技を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス