文字サイズ

キンタロー。フライング?結婚も視野に

 元AKB48で女優の前田敦子(21)のモノマネでブレークした芸人・キンタロー。(31)が「日清カップヌードルごはん」の1日応援隊長を務めることになり12日、都内で行われた新CM発表会に出席した。

 モノマネタレントの河口こうへい(32)と交際発表後、初めて公の場に姿を見せたキンタロー。は、結婚も視野に入れた真剣交際と報告。恋愛御法度のAKB48のモノマネ継続も宣言した。

 2日放送の日本テレビ系バラエティー番組「好きになった人」(3月上旬収録)内で、公開告白を成功させたキンタロー。は現在、人生5人目のカレシとなった河口と、約4年ぶりの恋愛を満喫中。ネットでは「河口の売名行為?」との憶測も流れたが、「ネタじゃないです。傷ついて、ひるんだんですが、(彼に)確認しました。大丈夫でした」と真剣交際をアピールした。

 交際1カ月ながら、すでにゴールインも視野に入れている。河口からの求婚はまだだが、河口の父親にも電話であいさつ済みであることを明かした。結婚したいあまりに「事務所から(結婚)OKいただければ。あ、勝手に口走った。それは夢みております」と、自分からの“フライング・プロポーズ”まで飛び出した。

 浮かれるキンタロー。には、AKB48グループ総監督の高橋みなみ(22)の“忠告”も通用しなかった。AKBは恋愛御法度とあって、今月3日に高橋が「制服を脱がなきゃ。もうフライングゲットはダメですね」とAKBモノマネからの卒業を“勧告”したが、キンタロー。はこの日、「恋愛してもAKBにいられるといいたい!!」と反論。独身からの“卒業”は視野に入れたものの、AKBネタからの“卒業”は拒否し、恋と仕事の“両方ゲット”を宣言した。

 今月4日には「第5回AKB48選抜総選挙」(6月8日開票、日産スタジアム)への立候補を志願するも撃沈したキンタロー。だが、AKB愛は健在。「精一杯応援したい。メンバーは身を削って参加している」とエールを送っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス