杉浦悠太が完全Vでプロ初優勝 日本勢の日本プロ初出場制覇は池田勇太以来15年ぶり

 通算18アンダーで優勝し、トロフィーを手に笑顔を見せる杉浦悠太
 通算18アンダーで優勝し、笑顔で写真撮影に応じる杉浦悠太
2枚

 「男子ゴルフ・日本プロ選手権・最終日」(7日、富士C可児C志野C=パー72)

 首位から出た杉浦悠太(22)=フリー=が3バーディー、3ボギーの72で回り、通算18アンダーで初日から首位を守って完全優勝を果たした。昨年11月にアマチュア優勝を果たしたダンロップ・フェニックス以来の2勝目で、プロ転向後の初タイトル。同大会初出場初優勝は、日本勢では2009年大会の池田勇太以来15年ぶりの記録となった。

 2打差の2位から出た蟬川泰果は71でと伸ばし切れず、稲森佑貴と並んで2打差の2位。今季メジャー初戦のツアー選手権を制した岩田寛、清水大成が4打差の4位に続いた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ゴルフ最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス