文字サイズ

西村優菜 父の日に「いい報告」大会新V 自身初3日間ノーボギー「すごくうれしいです」

 「女子ゴルフ・ニチレイ・レディース・最終日」(19日、袖ケ浦CC新袖C=パー72)

 首位から出た西村優菜(21)=スターツ=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、トーナメントレコードを更新する通算17アンダーで今季初優勝を果たした。昨年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン以来の通算5勝目。3日間ボギーなしの優勝は史上12人目となった。森田遥が通算14アンダーで2位。4番でホールインワンを達成した稲見萌寧と山下美夢有が通算12アンダーで3位を分けた。

 最後まで攻める気持ちを忘れなかった。最終18番、西村は1・5メートルのバーディーパットをしっかりと沈め、沸き上がった大ギャラリーの声援に飛び切りの笑顔でこたえた。

 3日間ボギーなしの優勝は史上12人目で、優勝スコアの通算17アンダーはトーナメントレコード。パーフェクトな内容に「3日間ノーボギーが自分自身初めてなので、すごくうれしいです」と興奮気味に話した。

 通算11アンダーで森田、佐藤心と並んでのスタート。前半は森田が4バーディーで抜け出すも、西村も2バーディーを奪いながらチャンスを待った。そして15番。1打リードしていた森田がボギーを打ったのに対し、左奥から7メートルのバーディーパットを決めて首位を奪った。大きかったのはその前の14番。3メートルのパーパットをしっかりと沈め、「今日一番大きかったのは14番のパーと15番のバーディーでした」と振り返った。

 この日は父の日。コースには母・枝里子さんだけが姿を見せ、父・武彦さんは自宅でテレビ観戦だったが「父に『父の日は何も(プレゼントが)ないのか』と言われていたので、いい報告ができました」と喜んだ。

 現在の目標は8月のAIG全英女子オープン(ミュアフィールド)出場。6月末時点の世界ランクが50位以内なら出場権があり、この優勝で出場へ大きく前進した。「今週は自分の中で全英に行きたい気持ちで臨んだ中、優勝できたのは大きいし自信になりました」と早くも世界を見据えた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ゴルフ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ゴルフ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス