文字サイズ

西村優菜 2週連続V 重圧はねのけ初の“完全”で決めた「声援がすごく力に」

 「女子ゴルフ・ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン・最終日」(26日、利府GC=パー72)

 2000年度に生まれたミレニアム世代の西村優菜(21)=スターツ=が4バーディー、2ボギーの70で回り、大会新記録の通算15アンダーで2週連続、ツアー通算4勝目を初日から首位を守る自身初の完全優勝で飾った。浅井咲希が3打差の2位。9アンダーの3位に原英莉花、古江彩佳、野沢真央が入った。大里桃子と柏原明日架が8アンダーの6位。渋野日向子は6アンダーで8位だった。

 困難を克服して勝ち切った。全て逆転で過去3勝を挙げてきた西村が初の完全優勝。最終18番、1メートルのウイニングパットを沈めると両手を掲げて喜びを表した。「2週連続も、ギャラリーの前で優勝するのも初めてだったのですごくうれしい。声援とか拍手がすごく力になりました」とファンの後押しに感謝した。

 2位と5打差で出たが楽勝ではなかった。前半アウトはイーブンパー。2バーディーを奪ったが、5番で今大会初のボギーをたたくと、バーディーホールと定めていた8番パー5でもパーセーブに失敗。「自分の中で初めての感覚で難しかった。追われる立場で余裕がなく、自分のプレーに集中できなかった」と振り返る。

 焦りが生じ、意識して笑顔をつくって迎えた9番もピンチだった。「そこを耐えないと今日は流れが来ない。パーを取ろうと強い気持ちで打ったパットだった」。2・5メートルの下りフックラインをきっちり沈めて持ち直した。

 初の勝ちパターンを経験し、また強くなった。それでも「正直まだまだです。今日の前半は反省点もたくさんある。どういう場面でも同じようなプレーができる選手にならないといけない」とさらなる成長を誓う。

 趣味は遠征先での美食巡り。今回の宮城滞在中は連日食した大好物の牛タンがパワーの源だった。「今週は特に楽しかった。今日も最後に食べて帰りたい」と笑顔を見せた。次週は日本女子オープン。「しっかり準備して、いい形で初日を迎えられるようにしたい」。波に乗る身長150センチの“小さな巨人”は、ビッグな大会で史上3人目となる3週連続優勝に挑む。

関連ニュース

    t>

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス