文字サイズ

19歳・西郷真央 単独トップで最終日へ「私は人のプレーは気にするタイプじゃない」

 12アンダー単独首位で3日目を終え笑顔を見せる西郷真央(撮影・開出牧)
 18番、ティーショットを放つ西郷真央(撮影・開出牧)
 大山志保(左)と同組でラウンドする西郷真央(撮影・開出牧)
3枚

 「女子ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯・第3日」(11日、静ヒルズCC=パー72)

 2位から出た西郷真央(19)=大東建託=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算12アンダーで単独トップに浮上。最終日はメジャーの舞台で初優勝を狙う。

 ボギーなしの6バーディー。西郷がスキのないゴルフでリーダーズボードのトップに立った。この日はパットが好調で5番3メートル、6番5メートルを沈めて連続バーディー。15、16、17番はショットをピン1メートルに絡めて3連続バーディーを奪った。

 最終日は絶好調の稲見、勝ち方を知り尽くすベテラン大山と最終組で勝負するが、平常心を失わない。「人のスコアを気にするタイプじゃないので、自分のプレーをしっかりやりたい」とマイペースを強調した。

関連ニュース

    t>

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス