文字サイズ

松山英樹 早藤キャディーの“一礼”に「僕も一緒にできたらよかったなと」

 男子ゴルフの「マスターズ・トーナメント」で優勝し、日本人選手として初めて海外メジャー大会を制した松山英樹(29)=LEXUS=が14日、帰国後にリモート形式での会見に出席した。優勝決定直後に早藤将太キャディーがコースへ一礼した様子が話題になったことに、「僕も一緒にできたらよかったなと思っています」と振り返った。

 グリーンジャケット姿で会見に臨んだ松山。自身は「あの映像を見たのは、夜11時ぐらい」だったという。「こんなことをしたんだと思いながら、いい行動をしたんじゃないかなっていうのはあります」と振り返りつつ、「僕も一緒にできたらよかったなと思っています」と語った。

 今後はマスターズチャンピオンとして、単純なプレー面以外にも注目されると自覚している。「今までやってきたことと変わらず、全力でゴルフに取り組みたいです」とした上で、「今まで、良くない行いだったりとか、クラブをたたきつけたりとか、そういうところがたくさんあったと思うんですけど、そういうところも見られていると思って、そういうことがないように気をつけていきたいなと思います」と自分を戒めるように話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス