文字サイズ

笹生優花が魅せた!18番スーパーショット連発でバーディー締め 首位と2差…いざ最終日

 「女子ゴルフ・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯・第3日」(12日、JFE瀬戸内海GC=パー72)

 笹生優花(19)=ICTSI=は通算9アンダーで4位。最後の最後に見せた一打で、3勝目、そしてメジャー初Vへの視界が一気に開けた。

 首位と2打差の2位からスタートした笹生は2番で幸先よくバーディーを奪ったが、前半から伸ばしていく選手が多い中、バーディーパットがほんのわずか、カップをかすめるシーンが、何度となく続いた。

 「我慢のゴルフに見えたと思うけど」と笹生。普通ならイライラが募るような流れも「ゴルフをしてる時点で幸せ。子供のころは一日中、ゴルフだけをしていたかった」という、根っからのゴルフ好きだ。パットが入らないことも含め、笹生にとっては楽しいゴルフの一部なのだ。

 14番でようやく2つ目のバーディーを奪い、迎えた最終18番パー5。最高に楽しいことが起きる。左の湖も、250ヤード地点にある右のポットバンカーも気にせずドライバーを振り抜くと、ボールはキャリーで260ヤード超え。2打目はグリーン上のカラーとスーパーショット2連発で、楽々バーディーフィニッシュだ。首位と2打差。大本命だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス