文字サイズ

女子ゴルフ開幕戦は無観客開催「ダイキン・オーキッド」新型コロナウイルス影響で

 女子ゴルフの国内開幕戦「ダイキン・オーキッド・レディース」(3月5日~8日、沖縄・琉球GC)の大会事務局は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会4日間ともに無観客で競技を実施することを決めた。大会前に開催を予定していた3日の前夜祭、4日のプロアマ大会は中止とした。

 大会事務局では、新型コロナウイルスの影響を受け、「慎重に検討を重ねて」きたという。ニュースリリースで「2020年は東京オリンピックを控えたシーズンでもあり、できる限りの対策を講じ開催を模索してきましたが、ギャラリー、選手、ボランティアのみなさまの安全確保の観点から、無観客で大会を開催することといたしました」と報告した。

 国内の女子ゴルフツアーの無観客開催は、日本女子プロゴルフ協会によると、昨年10月の「スタンレーレディース」最終日以来。大会全日程が無観客となるのは初の事態となった。

 テレビ放送はTBS系地上波、BS、CSの各放送で行われるとしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス