文字サイズ

元ソフトボーラー渋野日向子“鮮やか”投球披露「構えたところにいってくれた」

 ソフトボールで始球式をする渋野日向子(右・左隣は稲葉篤紀監督)=東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京
3枚

 2019年に活躍したスポーツ選手、団体を表彰する「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が10日、都内で行われた。昨年8月の女子ゴルフの全英女子オープンで、日本勢として42年ぶりのメジャー制覇を果たした渋野日向子(21)=RSK山陽放送=は、競泳男子の瀬戸大也(25)=ANA=、野球日本代表の稲葉篤紀監督(47)らと登壇。東京五輪開幕に向けた始球式で“ストライク投球”を披露した。

 ソフトボール経験者として、始球式を託されたピッチャー渋野は、バッター瀬戸を相手に、軽いウインドミルで投球。ボールは見事に捕手を務めたソフトボール元日本代表監督の宇津木妙子さんの構えたミットに吸い込まれた。

 宇津木さんからは「最高のボール。もう少しソフトボールをやっていたら、代表入りしていたかも」と褒められ、稲葉監督も「フォームがカッコいい。様になっていた」と、絶賛。渋野本人は「構えたところにいってくれて、本当にホッとした。試合より緊張しました」と、笑った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス