文字サイズ

今平周吾39位で賞金王決定お預け ノリス2位で接近も…最終戦「優勝」で決める!

 「男子ゴルフ・カシオワールドオープン・最終日」(1日、Kochi黒潮CC=パー72)

 賞金ランク1位の今平周吾(27)=フリー=が65と伸ばしたが通算7アンダー、39位どまり。2年連続賞金王決定は次週の最終戦・日本シリーズJT杯(東京よみうり)に持ち越された。ランク2位のショーン・ノリス(南アフリカ)が2位に入り、今平との賞金差は約1807万円。金庚泰(韓国)が64で回り、通算20アンダーで逆転優勝した。3季ぶり通算14勝目。

 今大会で賞金王を決めると意気込んでいた今平だが、初日から思わぬ不振で一時は予選通過も危ぶまれたほど。逆に2位のノリスは優勝を争い、差は逆に縮まってしまった。「どっちにしろ、ノリスより上に行けばいいこと。東京よみうりは得意なコースだし、最終戦で優勝できるようにすれば」。今季3勝目を挙げ、キングの座もつかみ取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス