文字サイズ

松山68で7位 全英へ上向き V機から失速も3戦ぶりトップ10 

 2番でティーショットを放つ松山英樹
1枚拡大

 「米男子ゴルフ・3Mオープン・最終日」(7日、TPCツインシティーズ=パー71)

 松山英樹(27)=LEXUS=は4バーディー、1ボギーの68で通算16アンダーとし、首位と5打差の7位で3戦ぶりにトップ10で終えた。小平智は通算7アンダーで58位。20歳の新鋭マシュー・ウルフ(米国)が65と伸ばして通算21アンダーにし、ツアー3戦目で初優勝を飾った。

 松山は前半終了時点で首位と2打差。まだ優勝のチャンスはあった。しかし後半、パッティングが入らず脱落。グリーン上でいら立った表情を浮かべた。10番で6メートルがカップの縁で止まると、ため息。12番パー5は2オンから18メートルを3パットした。13、15番はいずれも4メートルのチャンスを生かせなかった。

 「グリーン上で打ち切れていないのが現状。なんでなのか分からない」。ただ、懸案だったドライバーは大きく乱れることがなくなり、今大会も初日と3日目は好スコア。2年近く遠ざかる優勝は徐々に近づいている。

 次戦は2週後のメジャー最終戦・全英オープン。「ゴルフが全然変わってくると思うので、今週までとは全く関係ない。全英なりのゴルフができればいい」。大会前に日本に戻って調整する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス