文字サイズ

米男子ゴルフ、松山16位に後退 慈善大会第3R

 4番ホールでショットを放つ松山英樹=1日、ナッソー(ゲッティ=共同)
1枚拡大

 米男子ゴルフの慈善大会、ヒーロー・ワールドチャレンジは1日、ナッソーのアルバニー・バハマ(パー72)で第3ラウンドが行われ、14位から出た松山英樹は6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71で回り、通算3アンダーの213で16位に後退した。

 大会ホスト役のタイガー・ウッズ(米国)は72と伸ばせず、2アンダーで最下位の18位。67で回ったトニー・フィナウ(米国)が通算13アンダーでジョン・ラーム(スペイン)、ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)と首位に並んだ。

 今大会はツアー非公式。(共同) 

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス