文字サイズ

比嘉真美子 勢と婚約 賞金女王になって史上初「女王女将」めざす

 2015年夏場所で初めて対面した比嘉(左)と勢
1枚拡大

 大相撲名古屋場所で初の優勝と三役復帰を目指す東前頭2枚目の勢(31)=伊勢ノ海=と女子プロゴルファーで現在国内ツアー賞金ランク3位の比嘉真美子(24)の婚約が、26日までに決まった。ともに10月11日生まれという共通点が取り持つ縁で約2年間にわたり愛を育んできた。比嘉は現役を続け、初の賞金女王を目指す。

 勢のハートを射止めた比嘉は、勢にひかれた点を「感情豊かなところとか。私自身が感情を爆発させることがあまりないので、自分と違うそういうところはいいなと」と話す。スランプ中に何げなく見ていたテレビで大相撲に興味を持ち、力士名鑑をめくっていたところ自分と同じ誕生日の関取がいた。それが勢だった。

 ゴルフについては「自分が納得いくまでやめる気はありません」というが、将来的には相撲部屋の女将になる覚悟もできている。「関取が親方になったりすれば、それは必然かなと。将来を見据えたお付き合いになってきた時から、そういうことは考えてきました」

 女子プロゴルファーの女将誕生となれば元関脇・益荒雄に嫁いで阿武松部屋の女将となった奥村久子さん(53)以来。その前に賞金女王になって、史上初の「女王女将」を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス