文字サイズ

宮里藍が東村文化・スポーツ記念館落成式に出席「いろんな人に見てほしい」

 女子ゴルフの宮里藍(31)=サントリー=と長兄・聖志が6日、沖縄県東村で行われた「東村文化・スポーツ記念館落成式」に顕彰者を代表して出席した。

 この記念館は同村が総工費5億8000万円余りをかけて建設したもので、同村出身の人材の功績や経歴を紹介し、地域の人材育成や活性化を図るのが目的。顕彰者は次兄・優作を含めた宮里3兄妹をはじめ、琉球古典音楽の人間国宝・島袋正雄氏、重量挙げのアトランタ、シドニー五輪代表・吉本久也で、今後も各方面で活躍した村民を顕彰していく。オープンは4月上旬を予定している。

 宮里藍は「現役中にこういう記念館ができるというのは不思議な感じですけど、実際に見てみると内容が充実してる。いろいろな人に見ていただけたらうれしい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス