文字サイズ

ラグビーカナダ代表、試合中止でボランティア活動「この恩は忘れない」感謝の声相次ぐ

 ラグビーW杯の公式ツイッターは13日、台風19号の影響でナミビア戦が中止になったカナダ代表が、岩手県釜石市でボランティア活動を行った様子を伝えた。

 屈強な男たちが、台風19号の影響でちらばったゴミや土砂を集める様子を動画や写真で紹介。「台風19号の影響で、本日の試合が中止になったカナダ代表 そのまま釜石の町に残り、ボランティア活動を行いました」と報告した。続けて「カナダ代表の誠意と思いやりあふれる行動に心から感謝します」とメッセージをつづった。

 ネットは称賛の嵐となり、ツイッターのトレンド1位に。公式ツイッターのフォロワーからは「本当にありがとう」、「この恩は忘れません」、「いつか、釜石で試合ができる日を願っています」「ノーサイド精神、素晴らしいです」など、感謝する書き込みが相次いだ。

 カナダ代表はすでに1次リーグ敗退が決まっていたが、この日は1次リーグ最終戦、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで行われる予定だったナミビア戦も中止となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ラグビーW杯最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス