文字サイズ

ラグビー日本が開幕逆転勝利!4トライで勝ち点5 松島3トライ、ガチガチ緊張立て直す

 後半、3本目のトライを挙げた松島(左から3人目)を祝福する日本代表フィフティーン
3枚

 「ラグビーW杯・1次リーグA組、日本30-10ロシア」(20日、味の素スタジアム)

 日本は先制されたもののWTB松島幸太朗が3トライ、チームとしても4トライを奪い逆転勝利。ボーナスポイント「1」を含む勝ち点5を獲得した。

 試合序盤からかたさが見られた日本。4分に相手のキックをFBトゥポウがキャッチミスしボールを失うと、そのままゴロシニツキーのトライにつなげられてしまった。

 その後もキック処理に不安を残しながらも、11分に松島が飛び込んで反撃。さらに38分にも松島が決めて逆転に成功。12-7として後半に突入した。

 田村のPGの後、後半6分にフランカーのラブスカフニが相手からボールを奪い取り、そのままインゴールまで走ってトライを奪い20-7。田村のPGの後、28分には松島が3本目のトライを奪い、コンバージョンも決まって30-10とした。

 そのままロシアの反撃を封じてノーサイドを迎えた。ボーナスポイントの1ポイント分を加えたことはリーグ戦を戦う上でライバルチームと勝利数が並んだ時に非常に大きい意味を持つ。

 世界ランクでは日本の10位に対し、ロシアは20位ながら、日本は試合序盤からシンプルなキャッチミスが続く緊張状態が見てとれた。しかし、勇敢なタックルでリズムをつかみ、松島の前半の2トライで逆転してからは、比較的落ち着きを取り戻した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ラグビーW杯)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス