カッコいい!?面白い!?角界の珍名力士たち

9日から行われている大相撲名古屋場所で、新十両岩崎改め翔猿(とびざる)いう力士が関取デビューしました。今回は珍名力士に注目してみました。

公開日:2017.7.14

「翔猿(とびざる)」水戸黄門の怪力忍者じゃないよ!

 日本相撲協会は5月31日、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)の番付編成会議を行い、岩崎改め翔猿=とびざる(25)=追手風=の新十両、阿炎(23)=錣山=の再十両を決めた。翔猿の兄は十両英乃海(27)=木瀬=で、史上18組目の兄弟関取となった。

岩崎改め新十両翔猿 兄・英乃海と史上18組目兄弟関取だ!
岩崎改め新十両翔猿 兄・英乃海と史上18組目兄弟関取だ!

素早い攻めが猿っぽい!?思い切った改名理由とは?

 174センチ、118キロの小兵で持ち味は素早い攻め。「動きが猿っぽいし、申(さる)年生まれなので」と思い切った改名理由を明かした。師匠の追手風親方(元前頭大翔山)は「これからは『翔猿みたいな相撲』と呼ばれるように」と“猿マネ禁止令”。翔猿も「みんながマネできない速い相撲。翔猿のようになりたいと言われる翔猿になる」と決意した。
 ちなみに時代劇「水戸黄門」に出演する忍者・飛猿のことは「知らない」とのことだった。

岩崎改め新十両翔猿 兄・英乃海と史上18組目兄弟関取だ!
新十両の翔猿、飛ばずに前に出て初白星

 動物に由来した四股名は数多くありますが、「猿」が付く力士は聞いたことがありませんね。ちなみに、「猫」が付く力士はいたようです。(伊勢ノ海部屋に伝わる「猫又」など)飛んだり跳ねたりの“アクロバット相撲”に期待しましょう!

師匠・寺尾のあだ名を拝借して「阿炎(あび)」

師匠・寺尾のあだ名から「アビ」に

 初土俵から所要11場所で新十両に昇進した20歳の阿炎(あび)は28日、両国国技館で会見し「順調すぎて怖いくらい」と満面に笑みを浮かべた。風変わりなしこ名は、師匠の錣山親方(元関脇寺尾)のあだ名「アビ」に漢字を当てたものだ。同席した師匠は「阿修羅(あしゅら)のように強く、炎のように燃えて闘う」と期待した。

師匠・寺尾のあだ名から「アビ」に

新着のまとめ

もっと見る

主要ニュース

リアルタイムランキング

まとめ記事ランキング