文字サイズ

貴景勝が26歳の決意「一日一日大切に、現役の時間は限られている」

 ぶつかり稽古で阿武咲(背中)に胸を出す貴景勝
 ぶつかり稽古で阿武咲(左)に胸を出す貴景勝
2枚

 大相撲の夏巡業が6日、千葉県船橋市で行われ、5日が26歳の誕生日だった大関貴景勝(常盤山)がファンからの祝福に感謝した。

 コロナ禍で中止されていた巡業が、5日から2年8カ月ぶりに再開。「前は誕生日は絶対巡業だったなとか思いながら、お客さんに誕生日のことを言ってもらえたことはすごくうれしかった」と喜んだ。

 年齢を重ね、決意も新たにした。20代半ばに差し掛かり「ここ3年がめちゃ速く感じている。ハタチまではすごい長かった感覚でしたけど、あっという間に5年たって、もう26。あっという間に30ぐらいになっちゃうのかな」と時の流れの速さを実感。「だから一日一日大切に、現役の時間は限られているんで頑張っていきた」と、日々の完全燃焼を自らに言い聞かせた。

 名古屋場所は千秋楽まで優勝を争って11勝4敗。ただ、序盤戦の2勝2敗スタートを「それでは優勝できない」と反省した。この日はぶつかり稽古で胸を出し「しっかり体を作っていかないといけない」と夏巡業のテーマを挙げた大関。26歳の目標を「やっぱり強くならないと、結果に伴ってこない。実力を上げたい」と掲げ、秋場所に向けて「お客さんに喜んでもらえるような相撲をとれるように頑張っていきたい」と抱負を語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス