文字サイズ

元大関・朝乃山が三段目優勝 1年2カ月ぶり復帰「感謝の気持ちを忘れずに」

 「大相撲名古屋場所・13日目」(22日、ドルフィンズアリーナ)

 新型コロナ感染対策ガイドライン違反による6場所出場停止処分から復帰した元大関の朝乃山(28)=高砂=が、7戦全勝で三段目優勝を決めた。

 万全の形で、朝乃山が優勝を決めた。大青山を右四つに組みとめ、左上手を引いて力強く寄り切り。「素直にうれしいです」と少しの安どをにじませた。

 1年2カ月ぶりの本場所。勝って当然の重圧もあった。「しっかり自分の相撲を取りきる、本土俵で相撲を取らせてもらえる喜びと感謝の気持ちを忘れずに」と自らに言い聞かせて集中。温かい拍手も力になった。

 周囲の支えでたどり着いた再出発。来場所を幕下15枚目以内で迎えれば、全勝優勝して九州場所で関取復帰の可能性もある。朝乃山は「帰って師匠に報告したい。支えてくれた方々に連絡したい。少しでも恩返しできたかな」と喜びつつ「優勝してまだ終わったわけじゃない。上を目指して、みなさんに応援してもらえる力士を目指したい」と誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス