文字サイズ

5月出産の五輪女王・金城梨紗子 ママとして五輪挑戦明言「目指すことに意味ある」

 レスリング女子で五輪2連覇の金城(旧姓・川井)梨紗子(27)=サントリービバレッジソリューション=が23日、都内で行われた日本オリンピック委員会(JOC)のシンボルアスリート認定式に出席した。5月に第1子を出産後、初の公の場で現役続行を明言し「先月子供を出産して、出産前は自分1人で好きに行動してレスリングに取り組めていたが、母になったアスリートとして、女性が働きやすい環境づくりなどを進んで発信していけたらいい」と語った。

 金城は昨夏の東京五輪で57キロ級を制し、五輪2連覇を達成。また、62キロ級代表の川井友香子(24)と姉妹で金メダルを獲得した。昨年8月27日にはレスリング選手の金城希龍と結婚したことを発表。今年5月に第一子となる女児を出産した。今月行われた明治杯全日本選抜選手権では友香子のセコンドに入り、現場復帰を果たした。

 12月の全日本選手権から代表争いがスタートする24年パリ五輪挑戦の意向を示した。海外では出産後にメダリストになった女子選手もいることを念頭に、「結婚して子供を産んで五輪を目指す(女性)選手はなかなかレスリングではいなかったので、私が目指すことに意味があるかなと。(パリ五輪に)出場できればいいんですけど、(出産を経て)出場を目指している姿を見てほしいと改めて思った。私が(育児と競技の両立を)目指すことが今後の女性アスリートのきっかけになればいい」と“ママレスラー”のパイオニアとなるべく決意を込めた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス