文字サイズ

小林陵侑 MVP「満足せずぶっ飛んでいきたい」 30年札幌五輪にも意欲

 最優秀賞を受賞した小林陵侑
 授賞式に出席した(前列左から)中村安寿、栗山未来、冨田せな、葛西優奈、葛西春香、川村あんり、(2列目左から)渡部暁斗、鈴木沙織、三木つばき、村瀬心椛、近藤心音、小山陽平、(3列目左から)高原宜希、馬場直人、須貝龍、小林陵侑、国武大晃、武田竜、堀島行真(撮影・高石航平)
2枚

 全日本スキー連盟は10日、今季優秀な成績を収めた選手を表彰する「SNOW AWARD」を都内で開催した。北京五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル金メダルの小林陵侑(25)=土屋ホーム=と、スノーボード男子ハーフパイプ金メダルの平野歩夢(23)=TOKIOインカラミ=の2人が最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。

 表彰式に出席した小林は「最高です。すごくいい結果が出て素晴らしいシーズンになった」と胸を張った。五輪では金、銀のメダルを手にし、W杯でも総合優勝を果たしただけに「自分としてもきっと(MVPに)選ばれるんじゃないかと思った」とちゃめっ気たっぷりに笑い、「これで満足することなく(今後も)ぶっ飛んでいきたい」と力を込めた。

 また、この日から2030年札幌五輪招致が本格化。日本の冬の顔となったエースは「僕自身、地元(日本)で活躍できることはすごく楽しみ」と心待ちにした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス