文字サイズ

伊藤&早田組 石川&平野組がそれぞれ初戦突破

 初戦を突破した早田・伊藤ペア(撮影・高石航平)
 試合に勝利し、笑顔を見せる早田・伊藤ペア(撮影・高石航平)
 大会初戦を突破した石川・平野ペア(撮影・高石航平)
3枚

 「卓球・全日本選手権」(27日、東京体育館)

 女子ダブルス4回戦が行われ、東京五輪代表の石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)が初登場した。前瀧初音、吉田優海組(愛媛銀行)と対戦し、圧巻のストレート勝ちを収めた。また、世界選手権銀メダリストの伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組も初登場。野村光、小林りんご組(愛知・桜丘高)と対戦し、第1ゲームは取られたものの、その後は3ゲーム連取で5回戦進出を決めた。

 新型コロナウイルス感染対策で昨年大会はダブルス競技が行われなかった。伊藤、早田組は20年大会まで3連覇している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス