文字サイズ

照ノ富士が全勝守る 貴景勝、阿炎と1敗で追走 2敗に御嶽海、玉鷲、北勝富士

 逸ノ城(下)を寄り倒しで下し、全勝を守った照ノ富士(撮影・佐藤厚)
 2敗の宇良(右)を突き倒しで破り、1敗を守った阿炎(撮影・佐藤厚)
2枚

 「大相撲九州場所・11日目」(24日、福岡国際センター)

 横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)が全勝を守った。

 小結逸ノ城(湊)と対戦。立ち合いから相手に左上手を取られて後退。耐える展開となったが、中央まで押し戻すと、上手を引いて万全。前に出て、出し投げで体勢を崩して攻勢に出た。最後は土俵際に追い詰め寄り倒した。

 12日目は関脇明生(立浪)と対戦。先場所も12日目に対戦し、下手投げで敗れている。

 10日目に連勝が止まった大関貴景勝(常盤山)は遠藤(追手風)を危なげなく押し出しで下し10勝1敗とした。12日目は高安(田子ノ浦)と対戦する。

 2敗の宇良(木瀬)と1敗の阿炎(錣山)の一戦は突き倒しで阿炎が勝ち、1敗を守った。宇良は3敗となり一歩後退。関脇御嶽海(出羽海)、玉鷲(片男波)、北勝富士(八角)はそれぞれ勝って2敗を守った。

 11日目を終えて全勝が照ノ富士、1敗に貴景勝、阿炎、2敗に御嶽海、玉鷲、北勝富士が並んだ。12日目は阿炎と玉鷲が対戦。御嶽海は遠藤と、北勝富士は宇良と対戦する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス