文字サイズ

Bリーグが観客上限を100%に緩和へ 島田チェアマン「いよいよ、われわれが初めて」

 バスケットボール男子Bリーグは24日、理事会を開催し、観客上限を収容人数の50%から100%に緩和する方針を示した。これまではコロナ禍の状況を鑑み、50%に規制していたが、これまでのエビデンスやさまざまなリスク評価の結果、緩和しても現行と同等以下のリスクであると検証されたという。今後も「大声」は禁止との条件付きにはなるが、100%緩和は日本のプロスポーツ界では初の試みといい、早いクラブでは12月末から100%を実施する見通し。

 島田慎二チェアマンは「ゴールは満員かつ大きな声で応援してもらうことだが、いよいよ満員のお客さまをお迎えする状況がやってきた」と喜び。「これだけの規模で興行をするところで(100%への緩和)は、われわれが初めて。非常に責任があるが、これまで大きな感染拡大はない。ファンの皆さまの協力とわれわれの努力をもって、初めてとはいえ今まで通りやっていく」と話した。

 規制緩和については、各クラブが安全計画などを策定し、自治体と協議して進めていく。チケットの販売状況なども踏まえ、順次対応していくという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス