文字サイズ

入江聖奈「カエル愛」新語・流行語候補入りに力説「カエル界のさらなる発展に」

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2021ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が4日、公表された。「ピクトグラム」「エペジーーン」など、東京五輪・パラリンピックに関する言葉が多く選ばれた中で、東京五輪のボクシング女子フェザー級金メダリスト、入江聖奈(21)=日体大=の「カエル愛」も候補に入った。

 入江は日本ボクシング連盟を通じて「今年のオリンピックによって、私のカエル好きを報道していただけて、カエルという生き物のかわいさや奥深さを知っていただけたのかなと思います。そして、カエルは表情豊かで、生きるためにさまざまな術を身につけていった生き物です。そんなカエルたちから、カエル勉強中の身である私は色んなことを学ばさせていただいております」とコメントした。

 五輪前からカエル好きを公言し、「ふてぶてしくてつぶらな瞳。表情に人間味があっていとおしい」と魅力を力説。五輪後も自身のツイッターなどを通じて「カエルの勉強」と連日に渡って種別ごとの生態などをノートに書いて学んでいる様子を発信している。

 金メダリストの影響力を発揮した形のノミネートに「これからもカエルの魅力をSNS等でお伝えしていき、カエル界のさらなる発展に微力ながらも貢献できるよう頑張って参ります」と入江。大賞とトップテンは12月1日に発表される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス