文字サイズ

三浦、木原組 日本人ペアで史上初2位 フェンス激突流血も互い信じ悲願

 ペアで2位の三浦、木原
 木原組のフリー
2枚

 「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(23日、ラスベガス)

 ペアのフリーが行われ、SP3位の三浦璃来(19)、木原龍一(29)組=木下グループ=が、フリー135・57点、合計208・20点でともに自己ベストを記録し、2位に入った。ペア日本勢のGPシリーズ表彰台は11年NHK杯2位の高橋成美、マービン・トラン組以来10年ぶり、日本人同士のペアとしては史上初の表彰台となった。男子フリーはビンセント・ゾウ(米国)が優勝。日本勢は宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位、佐藤駿(フジ・コーポレーション)が4位。世界王者のネーサン・チェン(米国)は3位に終わった。女子SPは坂本花織(シスメックス)が4位、宮原知子(木下グループ)が8位、横井ゆは菜(中京大)が12位。

 ペア結成3季目、充実期を迎えた9歳差の年の差ペアが快挙を成し遂げた。三浦と木原が息の合った演技で会場を盛り上げ、昨季世界選手権銅メダルのロシアペアを上回る2位。取材エリアで結果を聞くと、「信じられない」と目を丸くした。世界のトップペアの中、日本人ペアで初めて表彰台に食い込んだ。

 「すごいメンバーで緊張したけど、そこで負けちゃったらトップに食い込めないと思っていた」(三浦)。気持ちでも技術でも一歩も引かなかった。前半に三浦が木原に放り投げられて跳ぶスロー3回転ルッツで転倒。フェンスにも激突したが、木原が「ここから立て直せると信じていた」と言えば、三浦も「自分なら大丈夫。隣にパートナーがいる」と踏ん張った。三浦は右膝から出血していたが、気付いたのは演技後。「それだけ一生懸命取り組んでいた」と誇った。

 ペアの躍進で、日本として北京五輪団体戦での悲願のメダルの可能性も広がる。「まだまだ課題が多い。次戦に向けて頑張りたい」。“りくりゅう”の勢いは止まらない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス