文字サイズ

水谷隼 凱旋マッチ出場で地元ファン歓喜 張本智和との夢のペア結成で見せ場

 「卓球・Tリーグ男子、東京-彩たま」(23日、さわやかアリーナ)

 東京五輪混合ダブルス金メダルの水谷隼(32)が地元静岡で凱旋(がいせん)マッチを行った。第1試合のダブルスに出場し、東京五輪男子団体銅メダルの張本智和(18)と夢のペアを結成。彩たまの神巧也・篠塚大登組に1-2で惜敗したものの、地元が生んだ英雄の勇姿に会場は大きな拍手に包まれた。

 水谷は集大成と位置づけた五輪後、目の不調の影響もあって現役引退を表明。現在バラエティー番組出演などで引っ張りだことなっているが、Tリーグ東京と選手契約し、限定的な出場を示唆していた。

 この日は地元での凱旋(がいせん)試合とあってチケットは完売。水谷が登場すると、ひときわ大きな拍手が湧き起こった。

 張本と新旧エースペアは、7月のドリームマッチで初めて実現していたが、Tリーグ公式戦で組むのはこれが初めて。今季2試合目の登場となった水谷は練習不足とあってペースをつかみきれなかったものの、第2ゲームでは5-7の劣勢から逆転。最後は水谷自らサービスエースを決めるなど、しっかりと見せ場をつくって千両役者ぶりを発揮した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス