文字サイズ

瀬戸大也 200個メも制し3冠 200平は失格も「しっかりこなせて良かった」

 「競泳・日本短水路選手権」(17日、東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートル個人メドレーは東京五輪代表の瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=が1分52秒93で制し、今大会3冠を達成した。200メートル平泳ぎは1着だったが泳法違反により失格となった。

 瀬戸が奮闘した。2日間で5種目計10レースを泳ぎ切り、個人メドレーで3冠。この日最終種目の200メートル平泳ぎでは1着ながら泳法違反で失格となり、「後味が悪い失格で終わっちゃった。何がいけなかったのかよく分からないけど…」としたが、ハードスケジュールを「しっかりとこなせたので良かった」と振り返った。

 来週からはW杯(ドーハ、カザン)に出場する予定。連戦が続くが「パリに向けてもう動いている。試合を続けているところを途切らさず、しっかりと進んでいきたい」と決意を語る。

 その後は米国を転々とするプランを検討しているという。「レベルアップできるように大切に時間を過ごしていきたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス