文字サイズ

松生理乃が201・44点で中部選手権初V 3A失敗も他を圧倒

 「フィギュアスケート・中部選手権」(26日、邦和スポーツランド)

 女子フリーが行われ、SP首位で今季からシニアに転向した昨年の全日本ジュニア女王の松生理乃(16)=中京大中京高=がフリー131・96点、合計201・44点で初優勝を飾った。2位は横井ゆは菜(中京大)、3位には新田谷凜(中京大)が入った。

 大技成功とはいかなかったが、夢舞台を目指せるだけの潜在能力を垣間見せた。松生は今季フリーに組み込んでいるトリプルアクセルは回転不足に終わったが、その後は安定したジャンプを着氷。フリー「月光」をしっとりと演じ、唯一の200点超えで圧勝した。

 「もやもやした気持ちが残った演技」。3回転半ジャンプについては、勢いが足らなかったが、得点源となる終盤の3つの連続ジャンプはまとめきり、「自分の強み」と手応えも掴んだ。

 あとは憧れの浅田真央も武器とした大技が完成すれば、十分に北京五輪は射程圏に入る。「跳べるようにならないと世界で戦えない。どの試合でも入れていきたい」。16歳は真っ直ぐな瞳で誓いを立てた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス