文字サイズ

桃田賢斗 五輪以来の実戦へ気合「0からチャレンジャー精神」“代表主将”にも就任

 再出発へ気合を入れた桃田賢斗
 遠征出発前に取材に応じるバドミントン男子の桃田賢斗
2枚

 バドミントン男子シングルス世界ランク1位で、東京五輪を1次リーグで敗退した桃田賢斗(27)=NTT東日本=が21日、海外遠征の出発前に羽田空港で取材に応じ、「変なプライドは捨てて、0からチャレンジャー精神で向かっていけたら」と五輪以来の実戦に意気込んだ。

 再出発へ気合を入れた。五輪後は3日ほど「すごく考えた」といい、「順位や目標に対して気持ちが強すぎて空回りしてしまった。気持ちを張り詰めすぎず、柔軟に対応できるメンタルでいれたら」と、改めて気付いたという。24年パリ五輪も「まだ目指してない。積み重ねた先にあればいい」と気負いすぎないでいるつもりだ。

 今回の遠征では、男女混合国別対抗団体戦のスディルマンカップで主将の役割も務める。高校生以来という主将の責で目指すのは、「ワイワイ系」の主将。「先輩たちがいなくなってしまった。もう頼る人がいないので、みんなで持ちつ持たれつで、元気にいけたら」と目の前の試合を見据えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス