文字サイズ

照ノ富士が無傷6連勝 まさに横綱!相手受け止めねじ伏せた 新横綱Vへ単独トップ

 「大相撲秋場所・6日目」(17日、両国国技館)

 新横綱照ノ富士が平幕若隆景をきめ出し、無傷6連勝に伸ばした。全勝で並走していた平幕千代の国が敗れたため、はや単独トップに立った。2本差されても怪力でねじり上げて圧倒。新横綱Vへ安定感は揺るがない。1敗で関脇御嶽海、平幕霧馬山、阿武咲、妙義龍、千代の国の5人が追う。両大関はともに崩れ、正代が2敗(4勝)に後退、かど番の貴景勝は4敗目(2勝)を喫した。

 もろ差しを許せば不利なはずが、これが照ノ富士の必勝型だ。万力のように外から両腕を挟んだ。じっくりと締め上げて前に出る。苦もんの若隆景は完全ギブアップ。なすすべなく、きめ出された。

 「落ち着いていこうと思った」と口ぶりも初日から不変。新横綱に加え、一人横綱の重圧もはねのけ、ただ1人、6戦全勝とした。

 前日、霧馬山に食いつかれながら、1分を超える相撲で退けた。この日も相手の力を存分に受け止めて、最後はねじ伏せた。次代を担う新鋭ら相手に、まさに横綱相撲だ。

 鳥取城北高時、相撲の基礎を指導した相撲部総監督(当時は監督)の石浦外喜義校長は当時から研究熱心さに舌を巻いた。きめ出しは在学中に教えた技。「1ミリ単位で抱える位置、角度というのを研究している。言われた以上にやるのが一流になっていく」。豪快に見えて緻密に、照ノ富士は絶対の武器を磨き上げてきた。

 土俵下で見た師匠の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は「相撲っぷりは良くない」と無理な体勢となったことに苦言。それでも「強引には出ていない。大事に取っている。落ち着いて取っている」と、安定感に全幅の信頼を置いた。

 6日目に単独トップに立つのは夏場所の自身以来で同場所はV4を果たした。「残りまだ9番残っているので。一日一番、集中してやりたい」。本人は平静そのものながら、新横綱Vへ、はや独走ムードが漂う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス