文字サイズ

ロコ・ソラーレが涙の大逆転で日本代表に「蜘蛛の糸おりてきた」 2連敗から劇的3連勝

 カーリング女子日本代表決定戦第5戦。北海道銀行を下し日本代表に決まり、喜ぶロコ・ソラーレの藤沢五月(中央左)と吉田知那美(同右)、鈴木夕湖(右端)、吉田夕梨花(代表撮影)
 北海道銀行を下し日本代表に決まり、喜ぶロコ・ソラーレの藤沢五月(中央左)と吉田知那美(同右)、鈴木夕湖(右端)、吉田夕梨花(代表撮影)
 カーリング女子日本代表決定戦第5戦。日本代表に決まり、喜ぶロコ・ソラーレの藤沢五月(中央右)ら=代表撮影
3枚

 「カーリング女子・北京五輪代表決定戦」(12日、稚内市みどりスポーツパーク)

 最終戦が行われ、18年平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレが、日本選手権女王の北海道銀行を8-6で下し、2連敗からの3連勝という大逆転で日本代表の座を手にした。12月の世界最終予選(オランダ、レーワルデン)に出場し、2大会連続の五輪出場を狙う。

 極限の緊張感のある最後のドローショットを決めた藤沢は「いや~緊張した」と涙。サードの吉田知もその場にうずくまって号泣した。

 「ずっと怖くて、怖かったんですけど・・・。ようやく蜘蛛の糸がおりてきた気持ちです」-。

 まるで2連敗すら演出かのようにドラマチックに代表の座を手にした。午前の第4戦を制した後、スキップ藤沢が「流れは絶対こっちにきている」と話したとおり、勢いが違った。第1エンド、重圧の掛かる中でのドローショットをスキップ藤沢が冷静に中央に決め、2点を獲得。第3エンドも2点を奪い、前半から優勢に試合を進めた。終盤の北海道銀行の逆襲もしのぎ切って決着。勝利が決まった瞬間、藤沢らは全員が涙で歓喜を分かち合った。崖っぷちからの3連勝で、北京五輪への望みをつないだ。

 12月の世界最終予選で残り3枠の五輪出場枠獲得を狙う。平昌五輪銀メダルの韓国なども出場予定で激戦が予想されるが、勢いを取り戻したミラクルチームに怖いものはない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス