文字サイズ

照ノ富士 若い衆の指導で“気づき”見守った楯山親方「新しい考えが生まれたり」

 伝達式後、会見する新横綱照ノ富士(代表撮影)
 伝達式後、会見に臨む新横綱照ノ富士(左)、伊勢ケ浜親方(代表撮影)
 伝達式後、乾杯する新横綱照ノ富士(前列左から3人目)。前列右端はツェグメド・ドルジハンド夫人(代表撮影)
3枚

 大相撲の大関照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が21日、第73代横綱に正式決定した。兄弟子で部屋付きの楯山親方(元幕内誉富士)は昇進を見届け、「やっぱり伝達式の言葉を実行してもらいたいですよね。横綱らしい横綱になってもらいたい」とエールを送った。

 序二段に落ちてからカムバックして横綱まで上り詰めた。「すごいことですよね。けがをする前から、もう横綱になるだろうって、もうみんな、1回、大関に上がってこのまま横綱だなって思ってましたけど。なかなか並大抵の人ができることではないですからね。努力がないとあそこまではいかない。ポテンシャルだけで横綱までは」と感服した。

 新横綱は部屋では若い衆の指導にも積極的で、指導することで自身の気づきにもつなげてきた。親方は「確かにそう。指導することで気づくことってすごいいっぱいあって。教えていくことも自分のためにもなる。まず(教える相手が)なんでできないんだろうって考えたりするじゃないですか。自分でこうだったか、ああだったかいろいろ考えると、新しい考えが生まれたりだとか」と、部屋の環境も後押しした。

 横綱誕生で部屋も活気づく。「どんどん若い者たちを育ててもらいたいというのはありますよね。一番上の人がいるっていうことは、稽古を付けてもらうわけですからね。またどんどん優勝してもらって。頑張ってもらいたいですね」と、期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス