文字サイズ

会場で飲酒禁止、酒類販売も見送り 世論の反発で断念

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会における観戦者ガイドラインを公表した。会場での飲酒は全面禁止となり、アルコール飲料の持ち込みも禁止。会場内での酒類販売も見送られた。記者会見した橋本聖子会長(56)は「大声の抑止や安全な誘導の実現にむけ、断念しなければいけないという決断に至った」と説明した。

 当初はスポンサー契約を結ぶアルコール飲料会社「アサヒビール」への配慮もあり、販売容認の方針を固めていたが、飲食店の酒類提供が制限している中での五輪への“特別扱い”に世論が反発。断念へと追い込まれた。橋本会長は「アサヒビールさんも同じように大変なご心配をいただいていた。酒類提供の見送りも同意いただいている」と話した。

 その他、ガイドラインではマスクの持参、着用を義務付け、路上での飲食、談笑の自粛を要請した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス