文字サイズ

武藤敏郎事務総長 尾身提言に「尾身会長も開催前提で発言、思いはひとつ」

 記者会見する橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長(代表撮影)
 政府などに提出した東京五輪・パラリンピックの感染対策に関する提言について記者会見する尾身茂氏=日本記者クラブ
2枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と武藤敏郎事務総長(77)が18日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志による大会開催のリスクに関する提言を受けて、都内で会見した。

 政府、組織委は1万人を上限とした有観客開催に向けて調整しているが、尾身提言では「無観客が最も感染リスクが少なく望ましい」とされた。武藤事務総長は「基本的に思いはひとつだ。尾身会長も開催前提でお話をされた。そういう意味で思いはひとつ」と、話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス