文字サイズ

朝乃山の処分軽減求め地元・富山で署名活動 すでに約1000人もの署名集まる

 日本相撲協会の規定に違反するキャバクラ通いが判明し、夏場所を謹慎休場した大関朝乃山(27)=高砂=の処分軽減を求め、故郷・富山市「呉羽地区自治振興会」が署名活動を行い、26日までに約1000人もの署名が集まっていることが分かった。嘆願書とともに6月早々に協会に提出する意向だ。

 朝乃山が育った同地区の有志が署名のため各家庭、企業、施設を訪問。同会関係者は「批判もありますが応援する言葉の方が大きい」と再起を願う地元の気持ちを語る。嘆願書には「反省した姿を見せるのも相撲しかない。寛大な処分をお願いします」と記された。処分を決める理事会は6月に行われる予定。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス