文字サイズ

横審定例会 キャバ通い朝乃山に批判の声「軽率で自覚が足りない」

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会の定例会が24日、都内で行われ、夏場所直前、キャバクラ通いで謹慎休場となった大関朝乃山(27)=高砂=に批判の声が上がった。

 矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は会見で「失望した。次の横綱に一番近い力士。軽率で自覚が足りない。地位が上がるほど責任と義務が上がるのは相撲界に限った事ではない」と厳正な処分を求めた。

 大関復帰場所で優勝した照ノ富士(伊勢ケ浜)を称賛。綱とりに関し「立派な勝ち星を重ねていけば道は開ける」と期待した。

 名古屋場所では横綱白鵬(宮城野)が6場所連続休場から進退を懸けて出場する。「本当の意味で壁になってほしい。横綱ですから」と再起を願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス