文字サイズ

“絶対に失敗しない男”萱和磨 悲願の五輪代表入り「確実に僕はまた一つ強くなった」

 「体操・NHK杯」(16日、ビッグハット)

 東京五輪代表選考会を兼ねて男子が行われ、全日本選手権覇者の橋本大輝(19)=順大=が合計259・530点で初優勝し、0・136点差の2位に入った萱和磨(24)=セントラルスポーツ=とともに五輪切符を獲得した。橋本、萱とも初の五輪代表入り。団体の残り2人は、6月の全日本種目別選手権(高崎)までの成績でチーム貢献度の高い選手が選出される。

 補欠だったリオ五輪からの思いをすべてぶつけ、昇華させた。萱は演技ごとに拳を振り上げ、そしてほえた。この日だけの得点ではトップスコアをマークし、全日本3位から逆転で悲願の五輪切符。「泣かない」と決めていた。それでも思いはあふれた。「こんなとこで泣いている時点でまだまだ」と目を拭った。

 異名は「絶対に失敗しない男」。この5年間、世代交代が進む中で常に代表に入り続け中心を担ってきた自負がある。「僕はこんなもんじゃない。確実に僕はまた一つ強くなった」。焦がれ続けた夏へ、萱節がとどろいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス