文字サイズ

F1・日本GPは2024年まで鈴鹿で開催 契約を3年延長 今年は10月に予定

 自動車F1シリーズの日本グランプリ(GP)を主催するモビリティランドは24日、オンラインで記者会見を開き、2021年まで結んでいた日本GPの開催契約を2024年まで3年延長したと発表した。引き続き三重県の鈴鹿サーキットで開催する。

 田中薫社長は「世界中のファンに愛される鈴鹿であり続け、モータースポーツ文化の繁栄に貢献できるように努力を続ける」と話した。鈴鹿での日本GPは1987年の初開催以来続いてきたが、20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。21年は10月に予定されており、実施されれば2年ぶりとなる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス