文字サイズ

羽生結弦「不運」ミス…チェンに敗れ2位締めも晴れやか「今できる自分のベスト」

 演技を終え、笑顔を見せる羽生結弦(代表撮影)
 演技を終え日本チームの選手たちからねぎらいを受ける羽生(右から2人目)(代表撮影)
2枚

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(16日、丸善インテックアリーナ大阪)

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は、男子フリーで五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=が193・76点で2位に入った。平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は164・96点で6位。世界選手権3連覇のネーサン・チェン(米国)は203・24点で1位だった。日本は総合3位につけた。

 演技直後、羽生は少し頬をふくらまし、ふてくされた少年ような表情を浮かべ、リンクの端へと向かった。悔しそうに氷へ手を伸ばす。ジャッジ席に向かって左側。いつも4回転サルコーを跳ぶ場所をスッと触れた。

 冒頭の4回転ループを決め、2本目。4回転サルコーが1回転になった。SPでは7人中4人が出来栄え点(GOE)で満点の5をつけた得意のジャンプ。まさかのミスを羽生は「不運」と振り返った。

 「自分が跳んだ穴に思い切り入ってしまったので、どうしようもなかった」。直前の6分間練習でも同じ場所でジャンプを確認する。おそらくその時に残ったであろう、小さな溝に足を取られた。「悔しい気持ちはもちろんあります」と羽生。ただ、今季最後のフリーに充実感も得た。

 最後のジャンプ、トリプルアクセルを美しく降りたことが羽生の心を晴らした。「久しぶりに自分のトリプルアクセルだと思えるような、スパンとしたアクセルが跳べた」

 3月の世界選手権フリーも、今大会のSPでも3回転半でミスが生じた。羽生のトリプルアクセルは、18年平昌五輪SPではジャッジ9人全員が当時のGOE満点「3」をつけた無敵のジャンプ。跳べば決まるような、まさに“相棒”だったが、最近は乱れ続けていた。「ショックで、申し訳ない気持ちでいた」と羽生は言う。

 今回も失敗は頭をよぎったが、折れなかった。「絶対にきれいに決めてやるんだって、4回転半に続く道をここで示すんだって気持ちで挑んだ。今できる、自分のベストのトリプルアクセルだったと思う」。今季の締めくくりにふさわしい1本だった。

 来季へ「4回転半がそろった、完成された演技を目指して頑張っていきたい」とあらためて誓った羽生。今大会、この演技で取り戻した小さな自信がまた来季、前人未到、果てしない旅路を進む原動力となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス