文字サイズ

羽生結弦ジャンプ失敗「穴に思い切りハマった」4回転が1回転 精密ゆえの“落とし穴”

演技を終え悔しそうな表情の羽生結弦=16日、大阪市丸善インテックアリーナ大阪(代表撮影)
演技をする羽生結弦=16日、大阪市丸善インテックアリーナ大阪(代表撮影)
演技をする羽生結弦=16日、大阪市丸善インテックアリーナ大阪(代表撮影)
3枚

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(16日、丸善インテックアリーナ大阪)

 男子フリーが行われ、羽生結弦(26)=ANA=はフリー曲「天と地と」を舞い、193・76点で全体の2位。3月の世界フィギュアでの得点は上回ったが、得点を伸ばせなかった。SPトップのネーサン・チェン(米国)はフリーでも203・24点でトップだった。

 「悔しい気持ちはもちろんあるが、世界選手権を終えて2週間、正直普通の生活ではなかったし、気持ちや食事も普通のようにはとれなかった。そんな中でもよくやったと言ってあげたい気持ち」

 冒頭の4回転ループを成功。だが続く4回転サルコーが1回転となった。演技後半はミスなくまとめた。演技後は4回転サルコーでミスしたリンクの端までいき、悔しそうに氷に触れた。

 サルコーの失敗については「かなり慎重にいっていて、形も悪くなかったが、不運というか自分が跳んだ穴に思いっきりハマってしまった。僕はかなり同じところで跳べるが、同じような穴にはまって引っ掛かってしまうことがある。エッジの幅くらいの溝だが、そこにハマりました」と振り返った。

 穴は演技前の6分間練習の際に開いたと自ら推定する。羽生の精密機械のような“再現性”が、皮肉にもミスを誘発した。今後に向けて「(穴を避けるなら)別のところで跳べってことだが、僕は自分の信じる道、それだけ精密にできるのが強み。9割ではなく100%跳べるっていうのが強みだと思うので、しっかりと自分の強みを磨いていきたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス