文字サイズ

腰痛の紀平が公式練習で3A着氷 フィギュア世界国別対抗戦

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(15日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子ショートプログラム(SP)を前に午前の公式練習が行われた。日本女子は紀平梨花(18)=トヨタ自動車、坂本花織(21)=シスメックス=が参加。紀平はSP曲をかけた練習でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、フリップ-トーループの連続3回転などを着氷し、大きなミスはなかった。曲をかけた練習以外でも念入りにトリプルアクセルを確認した。

 13日の練習で腰痛を発症した紀平は、14日に行われたオンラインでの前日会見で「(腰の)右側なので着氷やスピンなどいろんな動きが痛い」と話していた。痛みは「かなり痛い」とし、「昨日(13日)が10なら今日は7。明日は5くらいになればうれしい」と本番への回復を願っていた。

 痛みと不安を抱えながらの今季最終戦。武器であるトリプルアクセルは「(さらに)痛くなったら入れられないけど、(痛みを発症するまでの)調子としては入れたい。入れたい気持ちはいっぱい」と希望を述べていた。フリーの4回転サルコーは回避する意向も示していた。

 15日はアイスダンス・リズムダンスと男女SPが行われ、女子SPは午後4時25分にスタートする。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス