文字サイズ

羽生「みんなの力になれる演技を」4回転アクセル挑戦は「このスケジュールは無理かな」

公式練習でリラックスした様子の羽生結弦(代表撮影)
公式練習で調整する羽生結弦(代表撮影)
ジャンプで転倒し笑顔の羽生結弦(代表撮影)
3枚

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(14日、丸善インテックアリーナ大阪)

 15日の開幕へ向け、公式練習が行われた。男子でソチ、平昌五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=は「みんなの力になれる演技をしたい」と意気込んだ。

 朝の公式練習には姿を見せなかったが、午後は黒のジャージーで登場。フリー「天と地と」の曲かけでは冒頭の4回転ループを着氷。続くジャンプは2回転サルコーになったが、終盤の4回転トーループからの連続ジャンプはしっかりと決めた。練習終盤は、何度もトリプルアクセルを繰り返し、感覚を研ぎ澄ませた。

 取材ではまず「14日間の隔離を終え、今日やっと隔離が終わった状態」と、世界選手権から帰国後の待機期間を終えたばかりだと説明。「今日着いたばかりで足がふわふわしているところもあったと思いますが、それも含めていい調整ができたと思います」と振り返った。隔離期間中はホテルとリンクのみの往復ながら、練習はできていたという。

 コロナ禍での大会出場。「複雑な思い」もあると言うが「僕は演技で何かを残すことが絶対できると思うので、というか残したいので。何かしらの意味を、この国別対抗戦という場所をお借りして、プログラムを通して残していきたい」と語った。

 15日のSPへ向けては「楽しめるようなプログラムになっている。少しでも、少しでも何か心からわき上がるものがあったらいいと思いながら滑りたい」と抱負。悲願である4回転アクセル挑戦の可能性については「このスケジュールでさすがに挑むのは無理かな」とし「みんなの力になれる演技をしたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス