文字サイズ

わずか50グラムで無念…レスリング樋口黎 五輪アジア予選で痛恨の計量失格

 「レスリング・東京五輪アジア予選」(11日、アルマトイ)

 男子フリースタイル57キロ級で、2大会連続の五輪を目指したリオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(25)=ミキハウス=が計量失格となった。日本協会によれば、当日の計量で250グラムオーバーとなり、規定の30分以内に落としたものの、あと50グラムが落ちなかったという。

 今大会で上位2位以内で五輪出場枠を獲得すれば日本代表に内定となったが、試合に出ることなく戦いが終わった。この階級の日本の出場枠獲得は5月の世界最終予選(ブルガリア・ソフィア)にまわるが、日本協会が樋口を派遣するかは未定。

 樋口はリオ五輪で銀メダルを獲得後、減量苦から一時は65キロ級に上げていた。ただ、この階級での東京五輪代表入りはならず、再び最軽量級に挑戦。19年全日本選手権を制して五輪アジア予選への出場権を獲得し、今大会前には「いかに自分のレスリングをできるかに懸かっている。99%くらいは勝てるんじゃないか」と自信をのぞかせていたが、最大の課題だった体重調整に失敗してしまった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス