文字サイズ

白鵬は7月場所で最終判断 横審が引退勧告見送り、温情には3つの理由

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会の定例会が29日、都内で行われ、春場所で5場所連続休場となった横綱白鵬(36)=宮城野=に対し「注意」決議の継続で意見をまとめた。最も重い「引退勧告」は見送られた。本人の名古屋場所(7月4日初日、ドルフィンズアリーナ)で再起を懸ける覚悟を確認し、同場所の結果によって最終的に判断する。

 2020年11月場所後、2番目に重い史上初の「注意」決議を鶴竜(現鶴竜親方)とともに下されていた。白鵬は春場所中に右膝の手術を受け、5月の夏場所も全休する見込みで6場所連続休場となる。

 矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「厳しい意見もあった」と言うが、「今回は注意の措置を継続のまま、7月場所に出場し奮起することを期待」と説明した。

 “温情”の理由は3点。1つ目は初場所の全休は新型コロナ感染が原因。2つ目は春場所は2日だけでも出場したこと。3つ目は八角理事長(元横綱北勝海)が師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)から白鵬の現状を聴取。委員に対し「覚悟を持って7月に臨むと言っておる」と報告があったことが挙げられる。

 「もう一回チャンスを与えよう」と同委員長。鶴竜は春場所中に引退したが、史上最多44度の優勝を誇る横綱は“延命”した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス