文字サイズ

柔道・阿部詩V 1年1カ月ぶり実戦「どれだけ自分の動きをできるか」

 「柔道・グランドスラムタシケント大会」(5日、ウズベキスタン)

 5階級が行われ、女子52キロ級は東京五輪代表の阿部詩(20)=日体大=が優勝した。昨年2月のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会以来1年1カ月ぶりの実戦に臨み、初戦の2回戦から準決勝までの3試合を一本勝ち。決勝はモンゴル選手に不戦勝だった。五輪代表補欠では、男子60キロ級の永山竜樹(了徳寺大職)が優勝し、女子48キロ級の角田夏実(了徳寺大職)は準優勝。57キロ級の玉置桃(三井住友海上)は決勝に進んだ。

 阿部が東京五輪に向けて再始動した。有力ライバルが不在の中で徹底マークされつつも、初戦はモンゴル選手に指導3つによる反則勝ちを誘発すると、準々決勝は韓国選手に小外掛けで一本勝ち。準決勝はブラジル選手に場外で膠着(こうちゃく)した際に相手の腕を決めて、腕がらみで一本を奪った。

 1年1カ月ぶりの実戦で、五輪代表内定後初の大会。「試合勘を取り戻し、緊張感の中でどれだけ自分の動きをできるか」と位置づけた。新型コロナウイルス感染拡大によって試合から遠ざかったこの1年は「柔道の幅を広げよう」と、低い担ぎ技や捨て身技などの新技開発にも着手。今回の試合でもなかなか得意の形に持ち込めなかったが、どんな局面からでも勝ち抜くという方向性を示して優勝した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス